CM紹介
家族が喜ぶ、ひと工夫 チャチャッと手料理。
レシピ紹介

マルちゃん正麺 x kurashiru

  • 甘醤油 香る!豚こま炒め正麺(醤油味)
  • 焦がしバターでやみつき!ガリバタ肉野菜正麺(醤油味)

  • ごま油香る肉野菜正麺(醤油味)

  • オイスターソースがそそる 豚もやし正麺(醤油味)

  • ピリッと旨い 豚キムチトマト正麺(味噌味)

  • キャベツたっぷり 野菜ツナ正麺(味噌味)

知れば知るほどうまくなる マルちゃん正麺の秘密

1. あのラーメン屋の生麺を袋麺にしよう!

5年にわたる試行錯誤の末に生まれたのは、なめらかさとコシのある食感を両立させた“新製法=生麺うまいまま製法”

通常の開発期間よりはるかに長い5年もの歳月をかけてこだわったのは、生麺のようななめらかさとコシのある食感を袋麺で達成すること。専任の開発チームがこれまでの製法を一から見直し、切り出した生の麺をそのまま乾燥させるマルちゃん正麺だけの特許製法”生麺うまいまま製法“が完成しました。社内の試食会では、「ラーメン屋さんの麺だと思った。」「夕食に出してもインスタント麺と思わないのでは。」との声が上がったほど。

2. 毎日飲んでも食べ飽きないスープを作ろう!

求めたのは濃すぎず薄すぎず、老若男女に愛される優しい“王道スープ”

地域性や特定の年齢層に絞ることなく、毎日食べても美味しく感じるような王道を目指して生み出されたスープ。開発チームは、濃すぎず、薄すぎない優しい味わいで、まるでご家庭の味噌汁のように毎日飲んでも食べ飽きないスープの実現を目指しました。

3. この一杯の臨場感にこだわろう!

一口目から広がる風味を引き出すのは、職人が丁寧に作る”自家製だし“

マルちゃん正麺醤油味には、いまでも専門の職人が手間ひまかけて作る自家製だしを使用しています。大釜で鶏ガラや豚骨、香味野菜をたっぷり時間をかけて炊き出し、プレミアムなラーメンにも負けない、スープを口にしたときに広がる芳醇な風味にこだわっています。

4. 袋麺ならではのアレンジを受け入れよう!

野菜やお肉、好きな食材を自由に加えて完成することを想定した”味の余白設計“

袋麺はご家庭で好きな食材を自由にプラスして食べていただくのが基本スタイル。その思想はマルちゃん正麺の設計にも反映されています。どんなアレンジにもマッチする味を醤油・味噌・旨塩など味ごとに調整しつつ、どんなアレンジでもぶれない味の余韻も両立させることでマルちゃん正麺ならではの美味しさを追求した“味の余白設計”です。

5. 365日愛される美味しさを届けよう!5. 365日愛される美味しさを届けよう!

温度や湿度で変わる繊細な製麺を支えるのは、毎日欠かせない”「今日もうまい!」“温度や湿度で変わる繊細な製麺を支えるのは、毎日欠かせない”「今日もうまい!」“

毎日の微妙な温度や湿度の変化が、できあがりに大きく影響する製麺工程。いつも変わらぬ美味しさを日本全国に届けるため、製麺の現場では熟練した社員が製造時に毎回必ず品質チェックを行い、麺の生地の硬さや粘りを微妙に調整することでマルちゃん正麺特有の食感を保ち続けています。

このページのトップへ